子猫の譲渡会に行ってみた その③

前回までの記事お話。 
猫を飼いたい家族(特に娘)の希望で前向きに考えるようになった私。
初めて行った譲渡会で子猫ちゃんにメロメロになり(その①)、一週間後に再度訪れた譲渡会で最初に会った子猫一匹譲渡希望することになりました(その②)

今日はその続き。

二回目の譲渡会に行ったとき希望した子猫ちゃんは生後1カ月くらい。

譲渡できるまで後1カ月くらいあるとのことだったので、それまでの間、子猫を迎える準備や名前決めをして待つことに。

それから、やっぱり心に引っかかっていた言葉が、

兄弟一緒にどうですか?

2匹の方が楽ですよ!

でした。


確かに、うちの子供たちも兄弟で遊んでくれるようになってかなり楽になったなぁ~

仕事で家を空けてる間、1匹でいるより2匹でいた方が寂しくなさそうだなぁ~

でも、その分お金かかるよなぁ…

餌代は倍だし、避妊去勢手術費だって倍かかるし。


二回目の譲渡会からの帰り道、

パパや子供たちは『2匹欲しい!2匹飼おう!』と盛り上がってましたが、

私の返答は『うーん、要検討!』でした😅

やっぱり命を預かる訳ですから、そう簡単には決められません。

この時点で五分五分くらいでした。

子猫たち兄弟一緒にって言っても、譲渡会にいたのは兄弟3匹でした。

さすがにいきなり3匹は無理でしょ!!
2匹って言ってもどの2匹??
1匹余っちゃうのも可哀想じゃない??

うーん、決められない。


譲渡までは1か月あるけど、それまでにまた譲渡会あったら子猫ちゃんの様子見に行ってみようかなぁ。

で、その時に『2匹飼う』ってどういう感じなのか詳しく聞いてみよう!!


というわけで、二回目の譲渡会から三週間後に三度目の譲渡会に行きました。


私『こんにちは~!子猫ちゃんの様子見に来ました~』

担当者『子猫ちゃん元気に育ってますよ~!もう少しで譲渡できます!!』


子猫見せてもらいました!!だいぶ大きくなってる!!やっぱり可愛い💛


私『兄弟たちも譲渡先決まったんですか?』

担当者『そうなんです!!みんな決まりました~』

私『そうなんですね~。兄弟で引き取ることもチラッと考えたりしてたんですけど、決まったならよかったです!』

担当者『あ、でも、違う子猫ちゃん3匹いますよ!』

私『え、ほかにもいるんですね!!』

担当者『まだちょっと小さいけど、同じところで保護しているので兄弟のように遊んでます!一緒にどうですか?』

私『まだ希望者いないんですか?』

担当者『オスの子は希望者いるんですけど、メス二匹は今のところ希望ありませんよ~』

見せてもらいました。


う、この子たちもかわいい💛


私『いやぁ、でも猫飼うの初めてなのにいきなり二匹ってどうなんでしょうか。慣れてないと大変じゃないですか?』

担当者『いやいや、むしろ二匹いた方が楽ですよ! 二匹でじゃれあって、噛みあったりして加減を覚えていきますし!』

私『そうかぁ~ でも、二匹分の手術費用とか捻出できるものなのか・・・この辺の動物病院ってどうなんですか?』

担当者『この辺は高いんですけど、1時間半くらい離れますが、地方に行けば1匹分の費用で2匹分できちゃいます!』

私『え~!!そんなに違うんですか?! 1匹分で2匹できるならなんとかなるのかなぁ』


パパはもう2匹飼う気満々。

子供たちも『2匹飼おうよ~』って。


うん、わかったよ。決めたよ。


私『じゃあ、2匹でお願いします!


担当者『わかりました!もうすぐ譲渡できるので、2匹のお名前考えるのと脱走対策お願いしますね。脱走対策できたらこちらでチェックしてからの譲渡になります。』

私『わかりました!準備して待ってます。』



はい、こんな経緯で2匹飼うことが決まりました。

ほんとに大丈夫なのか不安もありますが、楽しみもいっぱい!!

名前決めなきゃ!脱走対策しなきゃ!!忙しくなるぞ~!!


子猫ちゃんたちが来るまでの準備についてはまた後日記事にしますね。




この記事へのコメント